すまい給付金

ローン控除

住宅ローン減税の概要(所得税・住民税の減税)

住宅ローン減税の内容

適用期間(居住年):平成26年4月1日~平成33年12月31日

消費税の適用区分 消費税8%または10%が適用の場合 左記以外の場合
控除対象借入限度額 4,000万円 2,000万円
最大控除額(年間控除額) 400万円(40万円) 200万円(20万円)
控除率 1%
控除期間 10年間

所得税から控除しきれない額は住民税からも控除

当該年分の住宅ローン控除額から当該年分の所得税額(住宅ローン控除の適用がないものとした場合の所得税額)を控除した際に、全額がある場合については、翌年度分の個人住民税において、当該全額に相当する金額が、以下の控除限度額の範囲内で減額されることになります。

住民税の控除額

適用期間(居住年):平成26年4月1日~平成33年12月31日

消費税率 控除限度額
消費税8%または10%が適用の場合 所得税の課税総所得金額等×7%(最高13.65万円)
上記以外の場合 所得税の課税総所得金額等×5%(最高9.75万円)

各年の住宅ローン控除額=1~3の内、最も小さい額

消費税増税に伴うすまい給付金

給付金は8%時と10%時で以下のように給付されます。

ただ、住宅ローン減税の恩恵を多く受けられるのは比較的納税額の多い高所得者層ということもあり、所得の引くお世帯向けの負担とのバランスをとるため、所得の少ない人ほどすまい給付金が多く支給されることになっています。

すまい給付金の支給イメージ

適用消費税率 収入額の目安 給付額
8%時 425万円以下 30万円
425万円超~475万円以下 20万円
475万円超~510万円以下 10万円
10%時 450万円以下 50万円
450万円超~525万円以下 40万円
525万円超~600万円以下 30万円
600万円超~675万円以下 20万円
675万円超~775万円以下 10万円